超合金をメルカリ・ヤフオクで売って失敗した例

超合金をメルカリやヤフオクで売って失敗した例

超合金を売る際、メルカリやヤフオクを検討する方も多いと思います。しかし、個人間取引は様々なトラブルが潜んでいます。ここではそういったフリマ系アプリでの失敗例やトラブルについてまとめています。

自分勝手なクレームが多い

個人間取引の厄介なところは、思いもしない自分勝手なクレームが多いことが挙げられるでしょう。
面と向かってならいえないクレームも、スマホの画面越しなら強気になって言える人が多いため、好き勝手言う人も少なくありません。

たとえば以下のようなクレームがあげられます。

  • 完全未開封品を「開封されていた」と難癖つけてくる
  • 発送時に確認して問題なかったのに壊れてた
  • 思っていたのと違うから返品したい
  • 他で安いのがあった、もっと安くしろ
  • 送料が高い。差額分を返金しろ

などなど。

クレームは基本的に取引者間での解決が基本なので、メルカリにクレームを言っても解決しないこともあります。

超合金をメルカリやヤフオクで売って失敗した例

また、クレームではありませんが、よくあるトラブルとして「評価してくれない」というのがあります。メルカリやヤフオクは評価されてはじめて入金されるので、それだけ売上を手にするのが遅れます。(14日で自動評価→入金システムはあります。)

こういったクレームやトラブルを考慮して、余裕を持った出品を心がけるようにしましょう。

すり替え返品詐欺の可能性も

また、可能性はそこまで高くはありませんが、「すり替え返品詐欺」のトラブルも起こっています。超合金を送った後になんらかの理由をつけて返品してきて、その際にニセモノや劣悪な状態の同一品とすり替えて返品されることがあるんです。

つまり、あなたの手元に残るのはマイナスの売上とニセモノ(or悪状態)の超合金のみ。こういう詐欺は思い付きではなく計画犯なので、警察に届け出ても泣き寝入りすることも多いようです。

すり替え返品詐欺の可能性も

ヤフオクなら評価がない人や評価が悪い人は購入(入札)拒否ができますが、メルカリはそういった制度がないので、取引には注意する必要があります。

まとめて売るのが面倒

メルカリは個人間取引なので、ひとつひとつ個別に出品する必要があります。
メルカリで売れる確率を高めるには写真をフルに掲載することが重要です。1出品に付き4枚まで写真を掲載できるので、10出品で40枚、50出品で200枚も写真を撮る必要があります。
もちろん写真だけで売れるわけではなく、説明文に状態を詳細に記載したり、ひとつひとつ価格設定をしたり、梱包~発送しなければいけません。それぞれに手数料10%+送料がかかるので、それを考慮した価格設定にする必要があります。

まとめて売るのが面倒

そこまで手をかけてメルカリに出しても、売れるまでかなり時間がかかる、もしくは売れないことが想定されます。わたしが独自にメルカリでの超合金の販売状況を調べたところ、メルカリで超合金が「SOLD」になっているのはたったの20%*でした。
(*メルカリ検索で「超合金」を調べ、480件(10ページ)中96件がSOLDになっていたことから算出。2018年10月の調査時点)

つまり、苦労して大量にメルカリに出品しても、5個中4個は売れない計算になります。(もちろん売上を犠牲にすれば売れる数は増えるはずですが)

「急ぎでお金が必要」と言う方は、超合金に強い買取店に査定に出した方がスムーズに現金化ができますよ。